アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ヤコの読書紀行★in地球
ブログ紹介
 わたくしサイカ・ヤコの、この地球で出会った本・映画・漫画の備忘録です。
zoom RSS

− タイトルなし −

2015/03/09 20:50


毎日毎日つまらないわ……。

テレビもなきゃラジオもインターネットも本も漫画もない。

あるのはまっさらな原稿用紙だけ………。

こんな状況じゃ、書けるものも書けないわよね………
記事へトラックバック / コメント


− タイトルなし −

2014/12/10 20:34


ワーフ!
記事へトラックバック / コメント


寒いー

2011/12/12 01:08
画像


鹿ー。
記事へトラックバック / コメント


気をつけ、礼。[重松清]

2009/07/11 07:20
●気をつけ、礼。[重松清]


気をつけ、礼。
新潮社
重松 清

ユーザレビュー:
惨めさや悔しさを見つ ...
「先生」を軸にした8 ...
ロックはロール?教師 ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

 重松清さんが様々な『先生』を書いた短編集です。
私が一番気に入ったのは『ドロップスは神様の涙』で、怖い保健室のおばさん先生のお話です。
そして『気をつけ、礼。』は吃音のこどもと、評判は良いけれど実は詐欺師の先生の話。吃音の話は他の重松さんの作品で何度かでてきているので、またかぁ、という感じでした。
しかし、短編なので気軽に読むのにおすすめです。

ヤコamazonは、1500円以上買い物しないと送料無料になりません。
記事へトラックバック / コメント


夏から夏へ[佐藤多佳子]

2009/06/21 17:19
●夏から夏へ[佐藤多佳子]

夏から夏へ
集英社
佐藤 多佳子

ユーザレビュー:
オリンピック前に読み ...
軌跡を辿れる貴重な一 ...
アスリート・オブ・ザ ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

 本屋大賞を受賞した『一瞬の風になれ』の作者、佐藤多佳子さんが北京オリンピック男子4×100mリレーの選手達を追って書いた作品です。2007年の世界陸上大阪大会から始まり、選手一人一人の練習風景やリレーを走るときの心情、また素顔に至るまで細かく書かれています。アンカーを務めた朝原選手と二走を務めた末續選手の二人は元々かっこいいなーと憧れていたのですが、あまり活躍してないのでは…?と恥ずかしながら思っていた一走の塚原選手と三走の高平選手も頑張ってるんだなぁ、いい人達だなぁとしみじみ思い、補欠の小島選手も含めた五人のリレーメンバー全員のファンになりました。
 陸上ファンでなくてもゾクゾクするような興奮の描写を楽しめると思います。ただ、北京五輪の様子まで描かれてなかったのがとても残念です。


ヤコamazonは、1500円以上買い物しないと送料無料になりません。
記事へトラックバック / コメント


マクロスフロンティア[小太刀 右京]

2009/05/03 19:28
●マクロスフロンティア Vol.1 クロース・エンカウンター[小太刀 右京]

マクロスフロンティア Vol.1 クロース・エンカウンター (角川スニーカー文庫)
角川グループパブリッシング
小太刀 右京

ユーザレビュー:
似て非なるもの…内容 ...
本編の演出でなお足り ...
主人公が今ひとつ・・ ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


 アニメを見ていないせいもあるのか、人物関係や内容理解に苦労しました。アルトと二人の少女の関係や話の流れもありきたりのような気がして、アニメでみた方が楽しめるのかなと感じた作品でした。
記事へトラックバック / コメント


神のみぞ知るセカイ[若木 民喜]

2009/02/07 20:10
トモン

 よっす!斗紋っす!
 最近元気なかったりするけど、皆さんはどうですかねー?
 昨日とかめっちゃ寒かったし、体調には気をつけないといけないと思いましたよ。

●神のみぞ知るセカイ[若木 民喜]

神のみぞ知るセカイ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
小学館
若木 民喜

ユーザレビュー:
面白いし読みやすい! ...
史上最高の漫画この漫 ...
オタク受けを狙ったの ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


 主人公、桂木桂馬のネットでの呼び名は『落とし神』。桂馬は天才ギャルゲーマーなんだ。ある日桂馬の前にエルシィという悪魔が現れ、地獄から逃げ出した魂を回収するため、リアルの女の子を落とすことに。しかし、桂馬が興味あるのは二次元の女の子だけ。桂馬はリアルの女の子を落とすことが出来るのか!?
 女子からすれば女の子を軽々しく落としていくっていう話は気に入らないのかもしれないなぁ。
 これを読めば好きな女の子に上手くアプローチ出来るかも!?それに女子でも、こんなこと言われてみたい!!って思ってるセリフを桂馬が言ってくれてるかもなー。
 男性からしたら桂馬がどんどん女の子を落としていくのは嫌な気分になる可能性があるか。
 でも俺的には桂馬のキャラが気に入ってて、女の子を落としていく過程での桂馬が好きだな。
 ま、女性でも男性でも楽しく読める漫画だと思うから読んでみてな!
オススメ度:★★★☆☆

トモンちなみにamazonは、1500円以上買い物すると送料が無料になるぜ。
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ヤコの読書紀行★in地球/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる